あなたが蒔いた種は必ず花開く

一体どうしらいいのか?

 

ひとりで不安になり悩むことはやめましょう。

思いっきり遊んだりしたほうがまだいいでしょう。

もしくは

誰かに話をすることでスッキリしたほうがいいと思います。

 

あなたは孤独な?経営者

周りは腫れ物にさわるような対応

銀行は厳しい口調で責め立て

資金繰りを考えては夜も眠れず

毎日を惰性と習慣で行動し

どうにか今日も終わったという日々・・・

悶々としていても始まりません!

 

結論

誰も助けてはくれません。

あなたにささやかれる

短期的な甘い言葉には気をつけましょう。

あなたは試されています。

 

いままでが楽だったと認めるなら

これからやることは慣れていない分

シンドクて面倒なことになります。

でも、やったことの対価は必ずあります。

それに価値を見いだせるかはあなた次第になります。

 

「天は自ら助けるものを助ける」と言います。

 

あなたのことを端でみている人々は

シビアです。

 

あなたがどれだけ一生懸命にやっているか

よーくみています。

 

自律

自分を律することしかありません。

 

あなたのことを周りの人々は大変だとは思ってもいません。

当然な報いと思っているの現実です。

 

実際

日々の仕事や今後やらなければいけないことを

箇条書きにすると

そんなにハードルは高くありません。

 

自分で難しくしたり

問題の焦点がズレていたりしているだけです。

 

そもそも

過去からの問題を放置しておいたことで

厳しくなってきたのですから

早めにその問題の核心に迫り

ひとつづつ紐解くしかないじゃありませんか?

 

やらないで毎日

これからも不安だなーと言っていたいのか?

これから

ひとつづつ対処して自信につなげていくのか?

 

それを決めるのはあなただけの選択権です。



価値観のすり合わせ

 

従業員たちとのズレ

それは

経営者が解決すべきことです

 

産まれた場所

育った環境

が違うので

人それぞれの

価値観をもっています

 

夫婦

家族でさえ

価値観を一致することは難しい状況です

 

昔は

父親の鶴の一声でどうにかなりました。

 

会社経営も同様に

社長の一声で

社員は従ってきました(表面上)

 

時代は

個々の価値観が多様になり

バラバラです

 

どうしたらいいのか?

 

会社のルールブックを

独自で作成することが

有効だと感じています。

 

 


 

未来予想図

 

夢を具体的に描く

 

そこから

何かが

はじけたり

ワクワク感が得られて

行動に

駆り立てられる

 

未来予想図を一緒に描きましょう

 

 


 

 

一致団結

 

 

経営者・従業員の意思疎通

 

経営者と家族の意思疎通

 

それぞれ

経営者がキーパーソンとなります

 

自分次第

 

相手が変わることを望むのではなく

 

自分が定めたゴール目指して

自分が動いて

変化することが

周りに伝染していきます

 

元気がよく

楽しんで仕事している

経営者の周りは明るい

成果もでています

 

ゴール設定

そして

その道のり

つまり

過程を

一緒に描いてみましょう!

 


 

 

 

  コミュニケーション

 

 

従業員や取引先の方々とどれだけ

円滑に付き合いがされているか?

 

特に

従業員とのコミュニケーションはとても大切です

 

内容も重要ですが・・・

 

肝は

 

回数

どれだけ

その方々と接触するか?

 

 

 


 

後手に回らないこと

 

 

「問題」

それは経営者が自ら招いた「現実」

いや違う

従業員だ!

雇ったのは誰?

教育したのは誰?

 

責任転嫁しても

何も始まらない!

 

それが

15年間税理士をしてわかりました

それは

完全に

自身の問題

 

ならば

 

自分が変われば全てが変わるということです!

 

そういう場面にもでくわしました。

 

変わることは大変

しかも継続していくことはさらに!

 

客観的に判断する!

 

問題については後手にまわるほど危険

 

どんどん後から問題が生じるので

 

常に最初に穴がないような経営を目指すことです。

 

じゃあ

穴って

 

パターンがあります。

 

それ以外もありますが

 

当たり前のことを

当たり前にこなせば

 

問題もなくなり

 

課題がでてくることでしょう。

 

 


 

 

 

「無理です」

 

「出来ないです」

「嫌です」

 

そう言っていた

ある会社の

従業員K

 

会社のお得先が無くなり

社員が激減

仕事も減り

 

その従業員の仕事も無くなりました!

 

その間

自分の仕事が忙しいにもかかわらず

新しい仕事にチャレンジ

残業も惜しまず

働き続けた

従業員O

 

結果は

Kは

「仕事ありませんか」

と自らの存在価値をたかめようと

ようやく

目覚めた。

しかし

とき

既に

遅し感が

否めません。

 

 

一方

Oは

存在価値が高まり

失業のリスクが低くなり

将来転職する際の

自分の技術もひとつ手にいれた

 

こわい

本当の話

 

 

あなたが過去に蒔いた種

この種

どんな形にせよ

花が開きます

 

良くも悪くも

必ず

 

ならば

良い結果を伴う

良い花が咲くような種を蒔きましょう

 

ヒト・もの・お金

これらの種を間違えると蒔くと

労務問題

不良在庫

資金繰り

必ず返ってきます

 

従業員は敏感です

また、テレビの影響やネット環境もあり

知識は豊富です

さらに労働者間の経営者に対する思いも一致しがちです

悪い方向にでたらアウト

 

自分の言動が

返ってきます

 

これは行ってしまったら戻しようがありません

 

取り返しがつかなくなる前に

自社がどういう経営をしているのか

どんな種を蒔いたのか

再考してみましょう

 

今から咲かせたい花の種を蒔けばいいのですから


高橋浩税理士事務所

TEL047-710-9293

FAX047-710-9263


いいとこ取り

表面のノウハウを聞きまくり

自分なりに納得し実践する方々


ネット検索で何でも情報が手に入るからこそ

専門家の体系的なノウハウが役に立ちます。


ひとつの事象にとらわれると物事全体がおかしくなる可能性があります。


短期的に乗り越えることばかりでは

将来に課題が残ります。


理論的には理解しても

感情で走っていてはどうにもならりません。


僕もこの仕事に携わってなかったら

短期を追ってばかりだと思います。


先輩や専門家に対して素直に聞き

それから持論を展開する

変化に対応している経営者は

そういう方々が少なくないです。